肺炎ニュース 2015/03/05 (13:52) [肺炎]

「誤嚥性肺炎」予防へ「嚥下食」に期待高まる | ガジェット通信

老化による生理的な変化や脳血管障害患者などでは、咳反射や嚥下反射の機能低下によって嚥下障害が起こります。それによって、知らない間に細菌が唾液と共に肺に流れ込み、肺炎を引き起こすことがあります。これが「誤嚥性肺炎」です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に ...[続きを読む]

肺炎ニュース 新着記事